mamanooheya

『インフルエンザ脳症』の症状と対策法

子供と大人のインフルエンザは違う?

高熱が続き、咳や鼻水、嘔吐や下痢等、様々な諸症状を引き起こす危険な病気、インフルエンザ。
そんなインフルエンザですが、大人だけではなく、当然ですが、子供も発症をすることが多い病気です。
大人と同じように、タミフルなどの治療薬を、近年では気軽に使うことが出来ない傾向が多いと言われていますが、その他にも、大人のインフルエンザと、子供のインフルエンザでは、大きな違いがあると言われています。

最も大きな違いは、その潜伏期間です。
大人が発症した場合、一週間前後の潜伏期間を経てから、インフルエンザを本格的に発症するケースが多いのですが、子供の場合、特に、乳幼児などの場合は、ほぼ潜伏期間なく、数時間から1日後には、症状が発症することが特徴と言われています。
症状自体は大人の発症するものとさほど変わらず、高熱や咳などの、辛い諸症状が続く傾向がありますが、乳幼児の場合は特に、インフルエンザ脳症などの症状に注意が必要と言えるでしょう。

インフルエンザ脳症とは?治療方法は?

1~3歳児を中心に発症することが多いのが、季節性のインフルエンザ脳症です。
このインフルエンザ脳症は、インフルエンザの合併症の一つとして知られており、脳が腫れて、呼吸が止まる恐れがある、非常に危険な病であると言えるでしょう。

その進行性の早さから、発症後は一刻も早く病院に行かないと、死に至るケースも少なくありません。
現在の所、確実な治療方法は確立されていませんが、ステロイドの大量投与や、脳低体温療法などが効果的とされ、現在治療に役立てられています。

発症した場合はどうすれば良いのか?見極め方は?

インフルエンザ脳症は、初期段階で治療を行うことで、悪化せずに済むケースが多いのですが、少しでも治療が遅れると、命取りになる可能性があります。
初期症状としては、体のけいれん、意識障害、言動や行動の異常さが挙げられます。
特に、体のけいれんの場合はこの中でも判断がしやすい部分と言えるでしょう。

風邪のような症状だなと思っていたら、インフルエンザ脳症である場合もありますので、十分注意してお子さんをよく見て、万が一日頃と違う箇所があったら、すぐに対策をすることが出来る様にしましょう。
特に、風邪の初期症状のような症状が表れている場合は、インフルエンザの可能性も十分ありますので、素人判断で軽率な治療を行わないようにし、一刻も早く病院に連れていくべきです。
症状が悪化した場合、脳に障害が残り、知的障害や、四肢麻痺などの症状に一生涯苦しめられることになるという場合もありますので、1~3歳児のお子さんが居る方は特に、よく目を配っておく必要があると言えます。