mamanooheya

『川崎病』の症状と対策法

発熱が一週間近く続く

幼少期に突如発症することがあると言われている病の一つに、川崎病と呼ばれる病気があります。
川崎病の主な症状としては、主にこれらの症状が挙げられますので、参考にしてみて下さい。
まず初めに、初期症状として、5日以上続く発熱が挙げられます。
幼少期の場合は、原因がわからない突然の発熱などが起こることが多いのですが、5日以上続くとなると、明らかに危険な症状です。

次に、手先や足先などが赤くなり、硬くむくんだようになることが大きな特徴だと言えるでしょう。この状態はテカテカパンパンとも表現され、見た目が明らかに、真っ赤になることが大きな特徴です。また手先や足先だけではなく、唇の色や、目の充血なども起き始めるため、体中の至る部分が、真っ赤になることが特徴と言えるでしょう。
赤さも少し赤いだけではなく、唇の場合は、口紅でも塗ったかのような、目の場合は、ウサギのように赤い目になることが、特徴と言えます。
そして、体中の発疹、リンパ節の腫れなども、川崎病の大きな特徴です。これらが単体で起きている場合は、他の原因があることも考えられますが、上記のような状態に加えてこうした症状が表れている場合は特に、川崎病の疑いが強いため、早く対処をしなければ、非常に危険だと言えるでしょう。

川崎病が発症しやすい年齢は?

川崎病を発症しやすいのは、主に四歳以下の乳幼児であると言われています。
症状が放置されてしまうと最悪の場合死に至るケースも多く、日本国内では、年間数千~一万前後もの発症者が居ると言われています。

早期発見早期治療を行わないと、合併症などを引き起こし、急死をするというケースも残念ながら少なくありません。
恐ろしい事態を避けるためにも、川崎病は早め早めに対策をする必要があるでしょう。

川崎病の早期発見方法は?

川崎病は早期発見、早期治療を行うことが何よりも大切ですが、その為には、これらのポイントをチェックする必要があります。
まずは、高熱が出た際や、発疹が出た際など、リンパ節を確認することが大切です。

通常に比べると明らかに、リンパ節が腫れているというという場合や、片側だけ異常に腫れているという場合。
ただの高熱だけではなく、川崎病を発症している疑いがあります。
リンパ節がクルミほどの大きさになるようであれば、非常に危険だと言えるでしょう。

次に、手足や足先、目の色、口の色など、体中の肌の色をチェックすることが大切です。
前述の通り、発疹や、特定部位の赤みが特徴と言えますので、体中をチェックして、こうした症状が表れていた場合、川崎病の疑いが強くなります。
高熱に加えて、体の赤みが発症している場合は、出来るだけ早く病院に連れていきましょう。