mamanooheya

『夏かぜ』の症状と対策法

夏風邪とはどんな風邪?

夏風邪とは、梅雨時から夏にかけて発生しやすい風邪のことで、通常の風邪のみではなく、夏風邪特有の症状として知られる、プール熱(目の充血、熱などを引き起こす病で、プールなどを通して病原体が媒介する風邪)や、手足口病(手や足、口の中などに、小さな水泡が出来るのが特徴の病気で、熱などを引き起こす)なども含まれています。

夏風邪の症状としては通常の風邪と同じように、熱や咳、たんや鼻水、鼻づまりなどの風邪の諸症状を初め、上記のような特殊な症状が表れることも多く、一度流行すると病気が蔓延しやすく、油断をするとすぐに症状が悪化しやすくなるのが特徴として知られています。
危険なケースですと、そのまま肺炎になってしまう可能性もありますので、油断ならない風邪のタイプと言えるでしょう。

夏風邪を引いてしまう原因は?

夏風邪を引いてしまう原因としては、主にこれらが挙げられます。
まずは、夏特有のイベントによる流行です。プール熱などのように、プールを介して媒介してしまうタイプの夏風邪もあれば、蚊などの夏に表れやすい虫を媒介して発症するタイプの熱も少なくありません。

次に、季節の変わり目による流行です。特に梅雨時期のようにじめじめとした季節が続くと湿気が高くなり、抵抗力や免疫力が落ちやすくなる傾向や、夏バテなどで免疫力が落ちてしまう傾向がありますので、体が弱ってしまった結果、夏風邪を引いてしまうというケースも少なくありません。通常の免疫力であれば引かないような風邪であることもあるのが夏風邪の特徴の一つだと言えるでしょう。

夏風邪の対策方法は?

お子さんが発症すると、治りが遅く、すぐにクラス中に流行をしてしまうというケースも少なくありません。
人から移されないようにするためにも、人に移さないようにするためにも、対策をする必要があると言えるでしょう。
夏風邪の対策方法としては、主にこれらが挙げられます。

まず、夏風邪を引いてしまった場合ですが、とにかく絶対安静で、休息を取ることが大切です。
自力で治すことが困難なケースも多いため、出来るだけ早めに病院に行き、診察をしてもらうように心がけましょう。
一度熱が引いても、すぐにぶり返してしまう恐れがあるのが危険な点ですので、元気になっても、病み上がりに無理はしないように心がけることが大切です。

次に、夏風邪をひかないための予防方法ですが、まずは基本の手洗いうがいをすることが大切です。
手洗いうがいを念入りに行うだけでも、夏風邪を引く可能性が大幅にダウンすると言っても過言ではないでしょう。
また、夏バテなどをしないように、適度にクーラーを利用したり、食事や水分をしっかりと取ることが大切と言えるでしょう。